ファイル操作について


使えるテクニックを紹介。


●偽装、分割解除について(概要)

提供品を見たらjpgファイル等の関係ないファイル、というのはよくある話です。
これは実際の提供品に偽装がかけられているもので、
解除すると実際の物が現れるというものです。
この偽装でよく見かけるのは、以下の通りです。

リストを偽装している場合。
うめ〜このみかん」「Love Machine」、、「Leasis」。
また、「猫缶」、「Muiras」、「GaoEncode」、「Longinus
げろしゃぶ」や「Black List」が使われることがあります。


提供品そのものの偽装の場合。
あかねぐい」「Love Machine」「璃樹無」が多く見かけます。
他には、「BDBZM」、「蒲公英」、「totoG」、
脳天唐竹割り」、「神風」、「斬・隠の舞」もまれにですが使われています。

※ 偽装解除の参考にしてください


分割解除についての注意点。
分割を解除(結合)する際には、結合させるファイルとfile.rezをDLする必要があります。璃樹無に限り必要ではないですが。
また、特殊な拡張子でなかったら、メモ帳などのテキストエディタで開いてみてください。
本来テキストファイルではないため、文字化けのした文字列が並んでいますが、
ファイルのはじめの部分や終わりの部分にヒントがある場合が多いです。確認してみてください。




●CD-Rイメージについて(概要)

CD-Rイメージの種類

最もメジャーなイメージとしては、ccd, sub, img( ,cue)の組み合わせから作成されたものが、「CloneCD」である。
また、拡張子がfcdなら「CD革命」という仮想CDソフトによって作成されたものです。
それ以外に、i
soだけ、という場合は色々なライティングソフトが考えられます。


イメージの実行方法

CDライティングソフトによって作成されたCDイメージはCD-ROMの内容をHDDに保存するためのものなので、
そこから直接実行するという事は出来ないようになっています。。それを可能にするものとしてDAEMON Toolsというフリーソフトがあります。
このソフトはcue, iso, ccd等のファイルを読み込むことで、あたかもCD-ROMをセットしたかのように実行してくれるというものです。

※ CDイメージを仮想CDドライブに読み込ませ、実行可能な状態にすることを「マウントする」といいます。


CD-Rへの書き込み方

まず最も一般的な方法は、そのCDイメージを作成したライティングソフトを使って焼く方法です。
ccd+sub+imgなら「cloneCD」にccdファイルを読み込ませてやります。
また、cue+binならライティングソフトは「CDRWIN」なので、「CDRWIN」にcueファイルを読み込ませてCD-Rに焼きます。
どちらもソフトもシェアウェアで制限がありますが、書き込む事自体は可能です。




●音楽CDをコピーする

代表的なソフトにCD Manipulatorがあります。
インストールは不要なフリーウェアで、日本語にも完全対応です。

まず音楽CDをドライブに挿入してイメージ化、HDDに保存しましょう。(説明付なので理解しやすい)
その後、空のCDを挿入し、そのイメージを焼き付けることでコピーが完了となります。

※ CDからCDへのコピーも可能ですが、安全性を考えるとイメージ化した方が無難です。
※ プロテクトのかかったCDを外すと違法行為となるので注意。他人に譲渡する事も同様です。




●PS(プレステ)のゲームCDをコピーする

まず、CloneCDCD Manipulatorなどを使い、CDからイメージを吸い出します。
そして吸い出したイメージを空のCDに書き込みます。
これでコピーは完了です。(プロテクトがないので容易)
しかし起動するには、MODチップPlaystation GAME ENHANCER9が必要です。
これでプレイ可能ですが、まれに上記の製品を使用しても動かないケースがあるのでご注意。

※ バックアップ目的のみです。オリジナルなし、譲渡、販売目的の場合は罰せられます。




●DVD(片面一層)をコピーする

DVD Decrypterを使いましょう。日本語化パッチもあります。

○読み出しの手順(設定方法)
DVD Decrypterを起動して以下の設定する
1、モードをISO読み込みに設定
2、入力元タブを吸い出すDVDドライブに設定
3、出力先をPCの任意のフォルダに設定
4、吸い出す(リッピング)

○書き込みの手順(設定方法)
1、モードをISO書込みに設定
2、入力元タブを吸い出すフォルダの*.ISOを指定。
3、出力先を任意のDVDドライブに設定
4、書き出す(ライティング)

※ 一度HDDに保存して書き込んだ方が安全性が増します。




PS2(プレステ2)のゲームDVDをコピーする

※ バックアップ目的のみです。オリジナルなし、譲渡、販売目的の場合は罰せられます。


手順は上記のDVDと同じ方法です。
吸い出す為にはDVD Decrypterを使います。

しかしゲームを起動するには、MODチップを取り付けるか、SwapMagicを使用する方法があります。
後者は難しい改造をする必要がありません。(ネジを外す程度)




●コピーガード(プロテクト)解除方法

近年ではCDやDVDにコピーガードをつけている事が多くなっています。
ほとんどのプロテクトにはDVD DecrypterDVD Shrinkでリッピング、書込みをするだけでガードを強制解除することが出来ますが、
RipGuardやARccOSといった最新のプロテクトには対応出来ていません。
そのような場合はDVDFab Decrypterを使いましょう。ほぼすべてのプロテクトを解除出来ます。

※ プロテクトのかかったCDやDVDを外した時点で違法となりますので、実施は自己責任で d(゚-^*)




GBA(ゲームボーイアドバンス)のソフトをバックアップする

市販のカートリッジからデータをパソコンにコピーして、それを専用のカートに移す事ができる機械を使用することで、それが可能となる。
EZ-FLASH』や『XG-FLASH』などがあるが、前者の方が性能、質ともに上。
バックアップ自体は全く問題ないが、プロテクトがかかっているソフトに関しては違法となります。
しかし、GBAソフトにはかかっていませんのでご安心を。(今現在は未確認)
ただし、オリジナルがないのにバックアップ物を持っていると違法となるので注意。販売、譲渡も同様。
例として挙げれば、R○Mサイトで入手‥。流行りのP2Pソフト‥。
決してそのような行為はしないようにしてください。




NDS(ニンテンドーDS)本体でエミュレータを使用する

当サイトのNDS活用術を参照。
※ R○Mを使用しないように。



PSP本体でエミュレータを使用する


当サイトのPSP活用術を参照。
※ R○Mを使用しないように。




●ストリーミング動画をダウンロードする@

基本的にストリーミングはダウンロードできませんが、オンラインTOOLを使えばそれが可能となります。
まず、URL SnooperWinPcapをダウンロードして、インストールをします。URL Snooperの日本語化パッチも出ています。
インストール中に、Network Driver Installationのインストール画面が出てきますが、SKIPで飛ばしてください。
また最後に使うTOOLとして、Iria、またはNet transportが便利なので、これもインストールしておいてください。日本語化パッチも配布されています。

手順
1、URL Snooperを起動し、「全般のオプション」のタブをクリックします。
2、「ネットワークから吸い取る時のオプション」でadapterを選択します。
3、「検索」タブをクリックして、「ネットワークから吸う」をクリックします。これで検索の準備が出来ました。
4、そして落としたいストリーミング配信サイトへいき、その動画を再生します。
5、すると「URL Snooper」に、検出されたURLが表示されます。この中から rstp://〜 mms://〜 のURLを発見したらクリックします。
6、下の欄に選択されたURLがあるので、その部分を右クリックして「Copy clipboad as Ascii text」を選択します。これでコピーが完了しました。
7、そして最後に「Net transport」を起動して、「ダウンロード」タブの「新規」を押します。
8、するとURLの入力欄が出てくるので、そこにコピーしたURLを貼り付け、保存するファイル名とディレクトリを設定して、OKを押します。
9、ダウンロードが開始されます。




●ストリーミング動画をダウンロードするA

@の方法より簡単にダウンロードが出来ます。
まず、GetASFStreamをダウンロードしインストールしましょう。完了後、環境設定をします。(フォルダ設定など)
そして、ダウンロードしたいURL(ストリーミングファイル)を入力欄に入力し、ダウンロードするだけです。(少々時間がかかります。)

※ ちなみにURL(ストリーミングファイル)を探すときは、そのページのソースを調べます。
  見つからない場合は、再生画面を右クリック→プロパティでファイルのURLを見つけましょう。




●ストリーミング動画(WMV形式)を、MPEGやAVI形式に変換する

まず、TMPGEncというソフトをダウンロードし、インストールしましょう。(無料版があります。)
環境設定後、WMVファイルを窓(ウィンドウ)にドラッグし、「圧縮 開始」を押しましょう。変換が開始されます。(少々時間がかかります。)

※ 上記の 「ストリーミング動画をダウンロードする@ or A」 と組み合わせると効果を発揮します。




●MP3ファイルを作成する@

現在大流行しているMP3とは、CD(WAVE形式)のおよそ10分の1の容量で、CDと同等の音質を保てるという音楽データの圧縮規格である。
つまり、これによって音楽データの管理や移動が大変便利になる。

手順としては、まずCD2WAVE32SCMPXをインストールしておきます。そしてCD2WAV32でデータを取り込みたいCDから音楽データを吸い出します。
吸い出されたWAVファイルをSCMPXでMP3ファイルにします。これで完了です。

MP3は、MP3プレイヤーだけでなく、もちろんパソコンでも高音質な音楽を楽しめます。
MP3ファイルをPC上で開くと、デフォルトではメディアプレイヤーが開きます。(iPodユーザは、iTunesが開く事も)
しかし、どちらとも動作は重いので、作業中に音楽を聴きたい方には不向きです。
そういう時に便利なのが、Winnapです。MP3だけに特化した作りになっているので、使い勝手はNO.1でしょう。
もちろん日本語化パッチも出ています。
また、取り込むMP3によっては音量の違いがあります。それを統一するソフトとして、MP3GAINがあります。




●MP3ファイルを作成するA

上記の方法より簡単に作成することが出来ます。
まず最新のWindows Media Playerをインストールして起動し、音楽CDをドライブに挿入します。
タブ選択から「取り込み」を選ぶだけで、MP3を作成することができます。




MP3ファイルをCD-Rに書き込む

上記と同じくWindows Media PlayerReal Player(フリーウェア)で焼く事が出来ます。
つまり、MP3形式をWAVE形式に変換し、それを書き込むといった手順を自動で行ってくれます。
700MBの場合ですと約14〜20曲入ります。(Waveはmp3の約10倍の容量)

※ 著作権にご注意ください。




●映像ファイルをDVD-Rに書き込む

メジャーなConvertXtoDVDが有効です。
ムービーファイル(DivX、Xvid、MOV、VOB、Mpeg、Mpeg4、AVI、WMV、DVなど)を
DVDプレイヤーで再生可能なビデオ形式に変換し、DVD-Rに書き込むことができます。

※ シェアウェアですが試用も可能です。ただし再生時に、「試用版」 の文字と、製品ホームページのURLが入ってしまいます。




●FLASH(.swf)ファイルから、MP3ファイル吸出し & AVI動画に変換する


FLASHに使われてる音楽をMP3に保存することや、FLASH自体をAVI動画に変換する方法があります。

まずMP3を吸い出す手順としては、
HugFlashをDLし、hugflash.exeを起動します。(SOUNDにチェックが入ってる事を確認)
吸出したい音楽のFLASHをドロップします。
するとMP3が作られます。これでMP3ファイル吸出しは完成。

次にAVI動画にする方法は、
上記のMP3をSCMPXでWAVに変換します。
AviUtlを用意し、swf.vfpを入れます。
AviUtlにFLASHファイルと先ほどのWAVファイルの両方を入れて、変換する。
(この時ファイル名に日本語が入っていると変換できないようです・・。)
CドライブやDドライブに直接置くのが良いでしょう。
※ ある程度圧縮しないと容量が大きくなりすぎるので注意しましょう。



TOP

inserted by FC2 system